ネガティブな人専用美容
ホーム > 育毛 > 白髪の原因は遺伝、加齢の他にストレスや生活習慣が関係していた!

白髪の原因は遺伝、加齢の他にストレスや生活習慣が関係していた!

白髪の原因は、遺伝や加齢だけではありません。

ストレスにより、白髪になることもあります。

ストレスが過剰に掛かってしまったヒトなどはほんの数日や数ヶ月でも白髪が以上に増えてしまう事があるんです。

 

ではそもそも、なぜ髪が白くなるのかというと、メラニン色素が不足しているからです。

メラニン色素は「メラノサイト」という細胞から生成されますが、これはストレスに弱いという特性があります。

また、ストレスが溜まってくると自律神経のバランスも乱れやすくなりますが、そうすると血行が悪化し、毛髪に栄養が送られにくくなります。

特に足りなくなりやすいのが、ミネラルです。

ミネラルが不足すると、メラニン色素を生成する酵素が活動しにくくなるので、髪が白くなりやすくなります。

そして、生活習慣も白髪と関係があります。

まず、「食べすぎ」。

食べ物を消化する活動にも、体力が必要です。

食べる量が多いと、それだけ胃腸にも負荷がかかり、腸内環境が悪化します。

そうすると血液が汚れてしまうので、メラノサイトに栄養が送られにくくなります。

次に、「運動不足」。

運動不足だと、血管の伸縮力が弱くなるので、血流も悪くなりがちです。

そうなると、やはりメラノサイトに栄養が送られにくくなるので、「エスカレーターではなく階段を使う」「まめに部屋の掃除をする」など、普段の生活の中に運動を採り入れるようにしましょう。

 

このような習慣を心がけることによって男性も女性の白髪や薄毛の悩みも解決できる可能性がありますので、ぜひとも頑張ってみてくださいね!