ネガティブな人専用美容
ホーム > 乳酸菌 > 乳酸菌を善玉菌を維持するために体に取り入れてあげる

乳酸菌を善玉菌を維持するために体に取り入れてあげる

善玉菌を維持するために乳酸菌を体に取り入れてあげる必要性について、解説しています。

人間の体の中で一番最初にできあがるのが、腸です。

栄養を吸収するためのいわば生命線ともいえる器官ですのでどの生物もまず腸から形成されていいきます。

最近になって腸環境の改善化が人間の健康にとってもっとも重要であるということが研究からわかってきたそうです。

腸の内部には何億と細菌が存在していますがその細菌には人体に良い働きをする善玉菌と有害物質を排出する悪玉菌というものが存在します。

善玉菌は乳酸菌の仲間で生まれたての赤ちゃんの腸には99パーセントの割合で存在するのですが生まれてからじょじょに減少していってしまいます。

その善玉菌を維持するためには乳酸菌を体に取り入れてあげなくてはいけません。

乳酸菌は納豆、味噌、ヨーグルトなどの食品に含まれています。

これらと一緒に摂取しなければいけないのが食物繊維です。

食物繊維が乳酸菌たちの餌となり乳酸菌がより増えていくのです。

しかし、偏った食生活が日常化している昨今ではこの乳酸菌が増えることができず悪玉菌がどうしても多くなってしまいます。

善玉菌を増やすには食生活を改善させるのが一番効果的な方法です。

発酵食品を野菜と一緒に摂取するのが一番理想的な方法です。

一番手っ取り早いのがお味噌汁や納豆でしょう。

ヨーグルトもビフィズス菌が含まれているものは乳酸菌と一緒になって腸内環境を整えてくれます。

ビフィズス菌が餌とするオリゴ糖を加えて食べることをおすすめします。

サプリメントだけで乳酸菌を取ってもやはり腸内で死んでしまいますので効果はあまり期待できません。

実際に腸内年齢が若い人ほど認知症になりにくく老化スピードが遅いという調査報告もでています。

これから健康に長く生きたいという人はまず乳酸菌をうまく食事で摂取して腸内環境を改善することからはじめるといいと思います。

乳酸菌サプリメントは長寿の秘訣